個人での購入のみ!

full-color drugs

海外の医薬品に関しては個人で使用するという目的に限って個人輸入が認められています。インターネットでは海外医薬品の通販と表示しているサイトもありますが、厳密にいうと通販ではなく、個人輸入を代行しているサイトと言うことになります。そのため、日本の会社が運営しているサイトであっても注文した商品は海外から発送される形になっているため、到着までに時間がかかる場合もあります。初めて個人輸入代行サイトを利用する場合は本物を扱っているサイトか不安になる人もいるでしょうが、例えばレビトラの先発品であるレビトラは正規品は1錠5mg、10mg、20mgの形状でしか販売されていません。それ以外のグラム数で販売しているサイトは注意した方が良いでしょう。

現在では日本の医療分野でもジェネリック医薬品が少しずつ普及してきていますが、海外に比べるとかなり遅れを取っています。国の保険制度の違いなども影響していますが、アメリカやイギリスなどの主要先進国では7割から9割がジェネリックと言われているため、ジェネリックを取り扱っている個人輸入代行サイトも数多くあります。ちなみにED治療薬であるレビトラは先発品であるレビトラよりも10分の1という価格で販売されています。レビトラ以外にもレビトラのジェネリックはいくつか販売されていますし、その他のED治療薬に関してもジェネリックがあります。最近では日本でも性に開放的な人が増えてきており、ネットで買えるという気軽さからパートナーのためにレビトラなどを購入する女性も増えています。